お客様のご要望と上田のご提案

自動車塗料分野

電着塗装

カラー提案会議

<お客様のご要望>

自動車用塗料は、厳しい屋外環境に対してボディを長期間保護し、またボディに色々なカラーを塗装することにより自動車の商品価値を大いに向上させます。

自動車用塗料は大きく、①電着塗料②中塗塗料③上塗塗料に分類されます。
①電着塗料は、いわば錆止め塗料であり、ボディを電着塗料に浸漬し電気的に塗装することによって、ボディの外板・内板に塗膜を形成することができます。
②中塗塗料は、電着塗料と上塗塗料の中間に位置し、耐候性やチッピング性、平滑性等に寄与します。溶剤塗料が主流ですが、最近では水性塗料の導入も進んでいます。塗装は自動機等での静電塗装が主流です。
③上塗塗料はボディに色々なカラーを塗装することで、自動車に彩りを与えます。また、近年では色々な光輝材が開発され、自動車の個性を引き立てています。上塗塗料も水性化が進んでおり、塗装は自動機等での静電塗料が主流です。

近年、自動車用塗料も地球環境保全の要請により、低エミッション塗料や省エネ・省工程塗料等の開発が進んでおり、お客様の様々な要求にお応えしています。

<上田のご提案>

1.≪付き周りが優れた電着塗料≫
電着塗料では、防錆力を維持しながら、従来より塗料使用量を低減できる製品をご提案します。

2.≪環境と工程短縮の実現≫
中塗・上塗塗料では、水性化製品は勿論のこと、更に中塗と上塗のウェットオンウェットで塗装できる製品をご提案します。この技術により、中塗乾燥炉が不要となります。

3.≪2液の煩わしさのないウレタン塗料≫
自動車部品の素材はプラスチックが主流ですが、各種素材に最適な自動車部品用塗料を選定し、ご提案します。例えば、自動車部品用塗料はウレタン塗料が主力ですが、1液型塗料のご提案が可能です。


各事業内容