1.ゴミブツ撲滅作戦

塗装ラインでのゴミブツ不良対策・撲滅作戦の事前準備から調査方法、具体的な対策についての進め方等、多くの塗装ラインでの実績があります。

(1)ブツ不良の実態

①検査不良率データ → 各項目内訳(ブツ、はじき、スケ、・・・・・・・・・)
②ブツ不良の規格 → 大きさ、分布、高さ、部位別差別
③塗料材料別ブツ発生率(工程、メーカー詳細)
④塗料材質、塗料工程別ブツ発生率
⑤ワーク部材種とブツ発生率
<塗色別、工程別、ワーク別にブツの偏りがないか>

(2)ライン構成とワークの流れ

①ワーク成型から塗装ラインへの投入期間
②ワーク成型から塗装ラインへの持ち込み方法
③ワークの下処理方法
ブラスト処理/化成処理/除塵方法
<下地の持ち込みブツはないか>
④プライマー〜中塗り〜上塗りの塗装工程
塗装タイム、塗装時間と塗装間隔、塗装機構成
コンベアスピード、タクトピッチ、膜厚、マシーン種、コンペア方式
霧化圧、回転数、ガンスピード、ガン距離・・・・・・・・・
⑤塗装状態
霧化状態 → ダストの飛散 → ブース内汚染状況
⑥ライン全体レイアウト入手
<塗装ブース周辺でブツを発生させたり、呼び込んだりしていないか>

(3)ライン環境

①ライン各工程の温湿度と管理方法
②ライン各工程の風速と管理方法
<ライン環境でブツを浮遊させていないか>
③検査工程の人員、検査環境(照度)、検出方法
<ブツの見落としや検査のバラツキはないか>

(4)ラインでのブツ削減対応状況

①ブース内粘着ワニスの有無
②作業者の服装管理
③湿度確保のための対応
④ブース周辺供給エアーの管理方法
⑤下地ワーク持ち込みブツの管理方法
などすでに実施していることとその管理方法(頻度)
<管理不足のため効果を発揮していない対策はないか>

(5)塗料管理

①塗料供給方式
ポンプ種、サーキュレーション規模、配管材質、ろ過機能
撹拌方法と基準、液温
②メンテナンス期間
洗浄期間、洗浄方法、色変え頻度
③調合時の管理
希釈率、粘度測定方法、ろ過方法
<塗料に原因はないか>

ゴミブツ発生原因の対策と特性要因図

塗料の知識