日本の塗料関連の出来事

社会の出来事 西暦(年) 和暦 塗料関連の出来事
塗料の起源と、日本への伝来
    旧石器時代〜 日本の塗料は、漆(うるし)塗りから始まる
木の蔓で編んだ籠に漆を塗った容器があり、アスファルトが下塗り剤として使われた
丹土(朱)、黄土(黄)、鉛丹(白)、緑青(緑)、黒土(黒)などで、寺院等の建物が塗られた
    縄文時代〜 孝安天皇の代に、三見宿弥という人が器に漆を塗って、宮中に献上した
米国ペリー特使来日 1853 嘉永6年  
米国ペリー特使再来日 1854 安政元年 日本に塗料が伝来
日米和親条約交渉を行う交易談判所に、油性塗料を塗装した
「我国塗装発祥之地記念碑」(横浜市元町公園内)は、江戸の渋塗職人町田辰五郎による日本で初めてのペンキ塗装を記念して建てられた碑である。開港百年祭を機に、1958年(昭和33年)に建立された
  1866 慶応2年 外国商館による塗料の販売が始まる
明治維新 1868 明治元年  
東京遷都 1869 明治2年  
  1871 明治4年 「ペンキ」の用語が初めて横浜毎日新聞に登場
新橋〜横浜間鉄道開通 1872 明治5年 新橋駅・横浜駅を輸入塗料で塗装
日本の塗料産業の始まり
  1874 明治7年 東京開成学校(現、東京大学)に、ドイツ人ワグネル博士が招かれ、その助手であった茂木春太と彼の弟重次郎を指導して、顔料および塗料の研究を開始した
  1881 明治14年 日本の塗料工業の始まり
茂木春太・重次郎兄弟が、東京に光明社(現、日本ペイント株式会社)を創立
  1885 明治18年 塗料が日本で特許第1号を取得
堀田瑞松が農商務省工務局の専売特許所(現、特許庁)へ「堀田錆止塗料および其塗法」を出願し、特許取得
日清戦争始まる 1894 明治27年  
官営八幡製鉄所開設 1897 明治30年 茂木重次郎が「亜鉛華錆製法」で特許2842号を取得
日露戦争始まる 1904 明治37年 明治中期から大正初期にかけて、塗料メーカーが次々と設立された
大正の初めには輸入塗料はほとんど姿を消した
第一次世界大戦始まる 1914 大正3年  
  1918 大正7年 玉水弘が、尼崎市西宮町に、関西ペイント工業所(現、関西ペイント株式会社)を創業
世界大戦講和成る 1919 大正8年  
  1920 大正9年 第一次世界大戦後の恐慌で事業を整理する会社が続出
関東大震災 1923 大正12年 関東大震災後の復興需要で盛り返す
  1926 大正15年 硝化綿ラッカー(セルバ)の工業化
戦後、塗料産業の復興
米国リンドバーグ大佐
大西洋横断飛行成功
1927 昭和2年  
  1929 昭和4年 フェノール樹脂塗料の開発
満州事変 1931 昭和6年 統制経済により、塗料工業も軍需産業に組み込まれる
フタル酸樹脂塗料の開発
  1933 昭和8年 塩化ゴム塗料の開発
湯川秀樹が中間子論発表 1935 昭和10年  
第二次世界対戦始まる 1939 昭和14年  
  1945 昭和20年 工場数は69、焦土の中で再開した塗料の生産量わずかに1万トン
  1948 昭和23年 メラミン樹脂塗料の開発
  1949 昭和24年 酢酸ビニルエマルジョン塗料の開発
新技術の開発と用途の拡大
朝鮮戦争勃発 1950 昭和25年 塗料生産量8万トン
対日講和条約締結 1951 昭和26年 エポキシ樹脂塗料、紫外線硬化塗料、塩化ビニル樹脂塗料、不飽和ポリエステル樹脂塗料の開発
  1952 昭和27年 静電塗装機、赤外線乾燥炉の開発
造船ブーム 1955 昭和30年 経済の高度成長の波に乗り、塗料の生産量が飛躍的に増大し始める
塗料の生産量15万トン
東海村に原子力の火灯る 1956 昭和31年  
世界初人工衛星スプートニク1号打上げ 1957 昭和32年 2液型ポリウレタン樹脂塗料の開発
エアレス塗装機の国産化
エアスプレー法の研究発表
岩戸景気 1959 昭和34年 焼付け型水溶性アクリル樹脂塗料の開発
  1960 昭和35年 タールエポキシ樹脂塗料の開発
塗料生産量34万トン
  1962 昭和37年 エポキシジンクプライマーの開発
コロナ帯電式静電粉体塗装機の開発
東京オリンピック開催
東海道新幹線開通
1964 昭和39年  
  1965 昭和40年 塗料生産量60万トン
国内塗料産業の最盛
公害対策基本法公布 1967 昭和42年 塗料工業の排水、排気、廃塗料、廃溶剤の処理などの規制が強まる
無機系ジンクリッチプライマーの開発
アポロ11号月面着陸 1969 昭和44年 高温焼付け型フッ素樹脂塗料の開発
大阪万博開催 1970 昭和45年 塗料生産量106万トン
大気汚染防止法の一部改正 1972 昭和47年  
第一次石油ショック
高度成長時代終わる
1973 昭和48年  
  1975 昭和50年 ロボット塗装の開発
第二次石油ショック 1979 昭和54年  
円高による海外進出の増加 1986 昭和61年  
本州・四国連絡橋「瀬戸大橋」開通 1988 昭和63年 シリコンアクリル樹脂塗料の開発
塗料生産量200万トンの大台を突破
東欧の民主化進む 1990 平成2年 塗料生産量220万1千トンを達成
この年をピークに、バブル経済の崩壊などによる景気の後退が始まり、長い低迷の時代が続く
国内の成熟とグローバル展開
関西国際空港開港 1994 平成6年  
阪神・淡路大震災
PL法が施行となる
1995 平成7年  
O157による集団感染の発生 1996 平成8年  
米国同時多発テロ勃発 2001 平成13年 塗料生産量181万トン
改正建築基準法(シックハウス対策規制)施行
イラク戦争とその復興混迷
2003 平成15年  
原油価格高騰
愛・地球博開催
2005 平成17年 塗料生産量190万トン
GHSの運用開始 2006 平成18年 塗料生産量195万トン
REACH規制施行 2007 平成19年 塗料生産量194万トン
世界同時不況 2008 平成20年 塗料生産量184万トン
日米での政権交代 2009 平成21年 塗料生産量148万トン
東京国際空港 国際線旅客ターミナルビル開業
日米でのねじれ国会
2010 平成22年  
東日本大震災
欧州通貨危機
世界化学年
2011 平成23年  
塗料の知識