塗料の製造からお届けまで

塗料は主として樹脂・顔料・添加剤・溶剤を練り合わせて製造します。最近の技術進歩よる合成樹脂の多様化と塗料化生産技術の発達で、同じ合成樹脂塗料でも性質や性能を作り分けるようになってきました。生産にはコンピューターによる高度な管理が導入されています。
また、でき上がった製品は、JITの納入とリードタイムを短縮した供給体制を整備し、お客様から要求のある毎に新しく高品質な塗料のデリバリーにお答えしています。

塗料の製造プロセス

塗料は前練→分散→調合→調色→ろ過→検査→充填という製造工程を経てでき上がります。

前練工程
樹脂や顔料、溶剤を混ぜ、均一なミルベースをつくります分散工程
前練りしたミルベースを分散機に送り、粒子を細かく分散します調合工程
分散完了したミルベースに必要な原材料を添加します
調色工程
原色を加えて調色します充填工程
でき上がった塗料を検査完了後、ろ過し容器に充填します

塗料の知識